Renault 8 File

Renault8Gordiniを中心に、車の話題を綴ったサイトです。

<< 抑揚の産物 | main | 長い長いお休みでした >>
スポンサーサイト (2011.09.19)

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
突き刺さる感性 (2009.08.16)
暫くのご無沙汰であったが、また唐突に更新をしてみたいと思う。
さて、この写真のエンジンを持つ車は何であろうか。
魅力的なストレート6
エンジンはツインカムのストレート6である。
各カムのカバーが結構離れていることや、SUキャブ仕様であることから、結構な年代ものを物語っている。
また、是ほどまでにエンジンが丸々と見えることや、ダブルウィッシュボーンのアッパーアームが見える点、
そしてエンジンがフレームにしがみついていることから、結構なスポーツカーとも想像される。
実はこの車のエンジンレイアウトは、ミッドシップではなくフロントエンジンである。排気量は3.8か4.2L。

それにしてもこのエンジン、行き届いた整備もさることながら、大変美しい造形だと思う。
旧車であるから、当然電子制御は持っておらず、様々なマネジメントに必要なパイピングや配線は無い。
それゆえ大変すっきりとしている。
2本のカムカバーが存在感と力強さを象徴し、太いエグゾーストパイプが更にこれらを増長している。
現代のツインカムエンジンは効率アップと省スペースのためバルブ鋏角が狭くなっているから、
このように存在感ある造形にはなりえないだろう。

多分設計時には、然程美意識無く作られたと思われるのであるが、無機質なところに留まらず力強さや美しさをも表現している。
エンジンを見てこのような事を語る輩は、マニアックの偏りも甚だしく最近の車好きには大変少ないと思うのだが、
矢張り、エンジンは旧車好きにとっては如何しても見たくなるアイテムであって、
これが存在感があって美しい造形であれば、如何しても突き刺さってしまうものなのである。



さて、上記エンジンを持つ旧車とは是である。お分かりだろうか。
突き刺さる顔面
突き刺さりましたか?この写真も路面に突き刺さりそうになってますけれど。
当然、ボンネントを開けている状態です。

Jaguar XKE Sr1
JUGEMテーマ:車/バイク
 
| 車つれづれ | 11:52 | comments(4) | -
スポンサーサイト (2011.09.19)
| - | 11:52 | - | -
コメント
お久し振り〜です。XKエンジン、うちの老白猫にも載っています。
40年ほども、現役で活躍し、D-TypeのレースからMk.2のサルーンカーまで使用されたエンジンです。多分1人のエンジニアの考えと設計で作られたのかと思います。私はきっと外観にもその考えが表れ、デザインとなっていると感じました。

10月の高雄、お越しくださいね。 お待ちしております。
| BoB | 2009/09/04 10:01 PM |
コメントありがとうございました。
仰るように、旧車の楽しみの一つは、各パーツに宿るヒストリーを紐解くことにもありますね。

私のゴルちゃんは、その頃馬に乗っているかもしれません。
| Bluegray | 2009/09/05 10:54 AM |
ここのブログはなかなか更新ないな

もう11月でっせ!
そろそろ新ネタをお願いしまっせ
| NASCAR | 2009/11/11 7:00 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/01/10 10:25 PM |
コメントする